「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ラーマクリシュナ ( 7 ) タグの人気記事

聖者の慈悲の涙

「 お前は、もし見たいと思うのなら、自分のハートの中に、クリシュナ神さまを見ることができるのだよ 」と、師シュリ・ラーマクリシュナに言われても、
「 私は、クリシュナだとか、何だとかいうようなナンセンスは信じません ! 」
と応酬していたという、若きヴィヴェーカーナンダ、ナレンドラ。
・・・彼はとことん自分で確かめるタイプの人だったのか!e0200565_23553956.jpg

今回のブログに書いた、このナレンドラの述懐・・・
師と弟子との深い結びつき
そしてシュリ・ラーマクリシュナの慈悲のような愛を感じます。
若き聖者の悩み」「若き聖者の決意」も読んでみてください。


礼拝がすむと、ナレンドラとMは話をはじめた。
ナレンドラは、亡きシュリ・ラーマクリシュナにお目にかかったさまざまなシーンを想い出していた。

ナレンドラ 「 まだはじめのころにお訪ねした、ある日のことです。
師はうっとりとした様子で、私におっしゃいました、『 来たね! 』 と。
私は思ったのです、『 なんという驚くべきことだろう!まるで、ずっと前から私を知っているかのご様子だ 』
それから、『 お前は光を見るかね 』とおっしゃいました。
私は、『はい、眠りに入る前に、私は光のようなものが自分のひたいの近くを回転するのを感じます 』
と、お答えしました」

M 「 あなたは今でもそれを見ますか 」

ナレンドラ 「 よく見たものでした。
ある日、ジャドゥ・マリックのガーデンハウスで、師は私に手を触れて何かひとりごとをつぶやかれました。
私は意識を失いました。
このことの影響は、一カ月の間、私のうちに残っていました。
酔ったような感じでした。

私に結婚の話が持ち上がったということをお聞きになったとき、
あのお方はカーリー女神の神像の足をつかまえて、お泣きになりました。
目に涙を浮かべて、母なる神に祈っていらっしゃいました。
『 おお、母よ。どうぞ、何もかも、ひっくり返してください!
ナレンドラをおぼれさせないでください!』 と。

父が死んだあと、私の母や弟たちは食べるものにこと欠きました。
師はある日、アンナダ・グハに会うと、こうおっしゃいました。
『 ナレンドラのお父さんが死んだ。家族はたいそう困窮している。
もし友人たちが金で彼を助けたら、さぞよかろうと思うのだが 』

アンナダが帰ったあとで、私は彼にがみがみと小言を言いました。
『なぜ、あんなことを彼におしゃべりになったのですか 』 と。
このように叱られると、彼は泣いてこうおっしゃいました、
『 ああ! お前のためなら、私は一軒一軒、物乞いをして歩きたいとまで思うのだよ 』

・・・あの愛によって、私たちを屈服おさせになったのですねえ。
そうは思いませんか 」

M 「 まさにその通りです。彼の愛は完全に「 無私 」でした 」
『 ラーマクリシュナの福音 』 1077 頁

[PR]

by yogabeaware | 2011-05-30 23:33 | ラーマクリシュナ

若き聖者の決意

一方では家族を支えなければ、という思い、もう一方は自分の本当の生き方の模索、
それらのはざまで葛藤していたナレンドラ ( 若きスワミ・ヴィヴェーカーナンダ )。
ブログ 「 若き聖者の悩み 」を読んでみてください ) 
だが、師であるラーマクリシュナの死を迎え、
彼は自分の天命をおのずと知ったのだろう、僧となる強い決意をする。
e0200565_22542935.jpg
『バガヴァッド・ギーター』の朗誦を終えると、
カーリは 「 シャーンティ、シャーンティ、シャーンティ 」と唱えた。

ナレンドラ、
および他の信者たちは立ち上がり、
歌い、そして踊りながら、
ベルの木(その葉がシヴァ神に捧げられる聖なる木)の周囲をぐるぐるまわった。
ときおり、
声を会わせて「 シヴァ・グル! シヴァ・グル! 」と唱えた。

黒月十四日目の、真夜中だった。
真の闇があたりを包んでいた。
人も、鳥も、けものたちも、すべてひっそりと静まりかえっていた。

若いサンニャーシ( 出家者 )たちはオレンジ色の衣を着ていた。
彼らが声を張り上げて唱える「シヴァ・グル」という言葉は、
雷雲のとどろきのように、
果てしない大空に昇り、
不可分のサッチダーナンダの中に消えた。

こうしてシヴァラートリの礼拝は済んだ。
( シヴァ神の夜。信者はこの日、一日中断食し、夜中は瞑想、祈り、その他の行事をする )

太陽はまさに昇ろうとして、東の地平線を真紅に染めていた。

この聖なる薄あかり、
昼と夜のつながり目、
聖なるブラフマムルタ( 日の出の45分前 )のなかで、
若い礼拝者たちはガンジス川の沐浴を終えた。

朝だった。

信者たちは聖所に行き、祭神の前にひれ伏した。

そして徐々に広間に集まった。

ナレンドラは新しいオレンジ色の僧衣をまとっていた。
彼の衣の輝かしいオレンジ色は、
その一つ一つの毛穴から神々しい光を放射している顔と身体の、
この世のものと思えぬ気高い輝きとよく溶け合っていた。

彼の容貌は火のような光輝に満たされており、
しかも愛のやさしさをおびていた。

彼はすべての者の目に、
絶対実在と至福の海の底から湧きあがって、
師・シュリ・ラーマクリシュナの教えの普及を助けるために人の姿をとった
一個の泡と見えた。

全員の目が彼に注目した。
ナレンドラはその時、二十四歳、
あの偉大なチャイタニヤが世を放棄したのとまさに同じ年齢だった。

バララームが信者たちの断食明けの食事にと、僧院に果物や菓子を届けてよこした。
ラカール、ナレンドラ、ほか数名がそれに手をつけた。
一口か、二口食べてからその中の誰かが、
「 バララームの実に恵まれた人であることよ!」
と叫んだので、皆が笑った。

ナレンドラが今度は子供のようにふざけ始めた。

彼は、シュリ・ラーマクリシュナの真似をした。

e0200565_23345934.jpg菓子を一つ口に入れると、サマーディに入ったように立ち尽くした。
目はまばたきを止めた。
一信者が進み出て、彼が倒れないように支えるふりをした。
ナレンドラは目を閉じた。

数分後に、まだ菓子を口に含んだまま、彼は目を開き、のろのろとした口調で、
「 だい・・・じょう・・・ぶ・・・だよ 」
と言ったので、皆がどっと笑った。

菓子は全員に配られた。

Mは、この素晴らしい幸福の市場をながめていた。

信者たちは喜びに満ちて、「 ジャイ! グルマハーラージ!(師に勝利あれ!) 」 と叫んだ。

この大震災を体験して、自分の「天命」を今こそまっとうしよう!と感じている人も少なくないと思う。
私もそのひとりだ。自分の信念を信じて進んでいこう、愛を持っていこう、と思う。

『 ラーマクリシュナの福音 』 1076 頁

[PR]

by yogabeaware | 2011-05-30 22:54 | ヴィヴェーカーナンダ

若き聖者の悩み

e0200565_9312768.jpg
「 師 」 シュリ・ラーマクリシュナは、のどの癌を患い、ダクシネシュワル寺院を去って、コシポル・ガーデンで静養していた。「 ナレンドラ 」とは、若きスワミ・ヴィヴェーカーナンダ。彼は当時、父を亡くし、家計に困窮していた。「 M 」とは、『 ラーマ・クリシュナの福音 』の筆者・マヘンドラナート・グプタ。

ナレンドラが到着した。
ときどき、師は彼を眺めては微笑なさった。
Mにはその日、彼のこの愛弟子への愛は量りしれぬもののように見えた。
彼はMに向かって身ぶりで、ナレンドラは泣いていたのだよ、とお示しになった。
それから、しばらくじっとしておられた。
また身ぶりで、ナレンドラは家からここまでくる道中ずっと泣いていたのだ、とお示しになった。

誰も、ものを言わなかった。

ナレンドラが沈黙を破った。
ナレンドラ 「 私は、きょうはあそこに行こうと考えてまいりました 」
師 「 どこに? 」
ナレンドラ 「 ダクシネシュワルにです。ベルの木の下で火をたいて瞑想しようと思います 」
師 「 いや、火薬庫の役人がそれは許さないだろう。パンチャヴァティはいい場所だ。
多くのサードゥたちがあそこでジャパや瞑想をした。だがあそこはたいそう寒い。それにあの場所は暗くもある 」

またひととき、皆は黙ってすわっていた。

師(ナレンドラに、微笑して)「(法律の)勉強をつづけるつもりはないのか 」
ナレンドラ(師とMを見ながら) 「 今までに学んだことを、全部忘れさせてくれる薬がもし見つかったら、
私はさぞホッとするでしょう 」
やはり部屋の中にいた年長のゴパールが言った。
「 私がナレンドラについてまいります 」と。

カリパダ・ゴーシュがシュリ・ラーマクリシュナにと、ブドウを一箱持ってきていた。
それは師のそばに置いてあった。
師はいくらかをナレンドラに与え、残りを、信者たちが拾うように床の上におまきになった。

夕方だった。
ナレンドラは階下の一室にすわっていた。
彼はタバコを吸いながら、Mに話していた。
他には誰もいなかった。

ナレンドラ 「 私はこの土曜日にここで瞑想していたのですが、
そのときに突然、ハートに奇妙な感じを経験しました 」
M 「 それはクンダリニの目覚めざめだったのです 」
ナレンドラ 「 おそらくそうだったのでしょう。イダーとピンガラーの神経をはっきりと知覚しました。
それでハズラーに、胸にさわってみてくれるように頼みました。
昨日、私は彼(師)にお目にかかって、そのことをお話ししました。
私は申し上げたのです。
『他の人たちは、それぞれにさとりを得ました。私にもどうぞ何かをください。
皆が成功したというのに、私だけがなぜ満たされないままでいるのでございますか!』と 」

M 「 彼は何とおっしゃいましたか 」
ナレンドラ 「 こうおっしゃいました。
『お前はまず、家庭の問題を片づけなければいけないよ。
それが出来てからおいで。何でもあげよう。何が欲しいのかね』と。

私は、『三日間か四日間つづけて、サマーディにひたりきりでいたい、というのが念願でございます。
少量の食物をとりにほんのときたま感覚世界に下りてくるだけで』とお答えしました。
すると、彼がおっしゃるには、
『お前はずいぶん心の小さい人間だね。そんなことよりもっと高い境地があるのだよ。
「在りと在るすべてのものはおん身」──この歌を歌うのはお前ではないか』
と 」

M 「 そうです。彼(師)はつねに、サマーディから下りてくると、
この宇宙、生きもの、および存在するすべてのものになっておられるのは神御自身である、
ということが見えるとおっしゃいます。
イシュワラコティ(ラーマクリシュナによると、神の化身か、化身の一部の性質をもって生まれてくるもの)たちだけが、
そのような境地に達することができるのです。
普通の人間は、サマーディに入ることができるのが精いっぱい、その状態から下りてくることはできません 」

ナレンドラ 「 彼(師)はおっしゃいました。
『家庭の問題を片づけてからおいで。お前はサマーディよりも高い境地に到着するだろう』と。
私は今朝、家に帰りました。
家の者たちは、『なぜ浮浪者のようにうろつきまわっているのか。
法律試験も迫っているのに少しも勉強には身を入れない。あてもなくさまよい歩いて』と言って、怒りました 」

M 「 母君は何かおっしゃいましたか 」
ナレンドラ 「 いいえ、彼女はただ、私にものを食べさせることに一生懸命でした。
私にシカの肉をくれました。私は少しだけ食べました。肉は食べたくなかったのですけれど」
M 「 そしてそれから? 」

ナレンドラ 「 私は祖母のところにある、自分の書斎に行きました。
ものを読もうと努力していますと、勉強するのが非常に恐ろしいことででもあるかのような、強い恐怖心に捉えられました。
私のハートは、内部で苦闘しました。
私はワッと泣きだしました。
生まれてからまだ、あんなに激しく泣いたことはありませんでした。
私は書物をすてて逃げ出しました。
街々を走り抜けました。
靴は足から脱げてしまいましたが、どこで脱げたのかわかりませんでした。
干し草の山を走り抜けたので、全身に干し草をかぶりました。
私はこうして、コシポルまでの道を走り続けたのです 」

ナレンドラは数分間沈黙していたが、やがて話を続けた。

ナレンドラ 「 ヴィヴェーカーチュダーマニを読んでから、私は非常に気落ちしているのです。
その中で、(著者)シャンカラーチャーリヤは、
莫大なタパシャー(行)と幸運とによってはじめて、これら三つのもの、
つまり、人間に生まれること、解脱への願望、および偉大な魂の加護は得られるのだ、と言っています。
私は思いました、『私は間違いなく、この三つを全部得ているのだ。
大きなタパシャーによってまた、解脱への願望を抱いている。
そして大きなタパシャーにより、こんなにも偉大な魂の知遇を得たのだ』と 」
M 「 ああ! 」
ナレンドラ 「 私はもはや、世間には心を惹かれません。
世間に生きる人々と交わっても、楽しいとは思いません。
もちろん、一、二の信者たちとの場合は別ですが 」

ナレンドラはふたたび沈黙した。
強烈な放棄の火が、彼の内部で燃えていた。
彼の魂は、神のヴィジョンを求めて落ち着かないのだった。
彼はまた話をはじめた。

ナレンドラ(Mに)「 あなたは平安を得ていらっしゃる。だが私の魂は落ち着かないのです。
あなたは本当に恵まれていらっしゃる 」

Mは答えず、黙って座っていた。
彼は心中に思った、
「 シュリ・ラーマクリシュナは、人は神に恋こがれなければだめだ、
それで初めて、神の御姿を見ることもできるとおっしゃった 」


日が暮れるとすぐ、Mは二階に行った。
シュリ・ラーマクリシュナは眠っておられた。

『 ラーマクリシュナの福音 』 1024 頁

[PR]

by yogabeaware | 2011-05-29 09:35 | ヴィヴェーカーナンダ

それらを一人の人間のためにしていると思う必要はない

e0200565_22391697.jpg

(「ラーマクリシュナの生涯」 (上) 421 P)

ある日、彼女は師・ラーマクリシュナのもとに来て、非常にへりくだって訴えた。
神を瞑想しようとして座ると、
世俗の思い、あの人の言葉、この人の顔等々が心に浮かんで落ちつくことができません、と。

師はただちにそのムードを理解なさり、彼女は誰か愛しており、その人の言葉や顔が心に浮かぶのだ
e0200565_22461053.jpgとお知りになった。
そして愛情深くおたずねになった。
「さて、心に浮かぶのは誰の顔かね。お前は誰を愛しているのだい?」

彼女は、自分が今育てている甥の一人を深く愛していると答えた。

師はおっしゃった、

e0200565_9124051.jpg「けっこうだ。食べさせるとか、着させるとか、その子のために何をしてやるにせよ、
この子はゴーパーラであると思ってそれをしなさい。
神がゴーパーラの姿を取ってこの子のうちに宿っておいでになる、
自分が食べさせたり着せたり、お世話をしているのは
<彼>である、と思うのだ。
それらを一人の人間のためにしていると思う必要はないのだよ。
お前のムードの通りの結果が得られるはずだ」
と。



ゴーパーラ Gopala (牛を護る者の意): クリシュナの幼児、牧童時代の名
写真は日本ヴェーダンタ協会でのシュリー・ラーマクリシュナ・デーヴァ聖誕祭(3月20日)の祭壇とプージャー

[PR]

by yogabeaware | 2011-03-23 09:14 | ラーマクリシュナ

酔うのは神への愛だけ

e0200565_23182633.jpg

自分に酔っぱらってはいけない


酔うのは神への愛だけ
         


        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
     


今日の瞑想の初めに、
「シヴァ神様、私はまだグルに出会ってないけれども、どうぞ、そんな私を守ってください。導いてください。」
とお願いをした。
今日は一人で瞑想している気分ではなかった。
なんだかハートの後ろに誰かいる、そんな気がした。

神様はわたしたちの避難所です、とラーマクリシュナは言う。
ああ、神様はどんなに慈悲深いことか!
[PR]

by yogabeaware | 2011-01-22 22:14 | ラーマクリシュナ

ある日のジャパ瞑想

ジャパをしてたら

途中から自然にあなたの名前を唱えていました

わたしは

いつでも

ただ

うっとりとしていたい

あなたのように

e0200565_8341925.jpg

写真はインド・ベルルマト寺院のシュリ・ラーマクリシュナ像
ジャパとはインドで古代から大切にされてきたサンスクリット語による聖音の復唱

[PR]

by yogabeaware | 2011-01-17 08:45 | ラーマクリシュナ

世間での務めについて

神への愛が深まるにつれて、お前の世間の務めはひとりでに減っていくだろう。
そして、お前もそれらへの興味を失うだろう。
いちど、氷砂糖でつくった飲み物を味わった人が、普通の糖蜜でできた飲み物をうまいと思うかね

(シュリー・ラーマクリシュナ ~シュリ・ラーマクリシュナの福音~ 439頁)
e0200565_9321633.jpg

[PR]

by yogabeaware | 2010-12-18 09:31 | ラーマクリシュナ