「ほっ」と。キャンペーン

タグ:キールタン ( 2 ) タグの人気記事

祈りの体験

ヨガ友のブログを読んで、久しぶりにほぼ日刊イトイ新聞を開けた。

 できることが見えにくいときに、
 ふと、ぼくらのような信じる心のうすいものでも、
 「祈る」という方法を思い出します。
 「祈る」が変えてくれるものは少ないかもしれないし、
 もしかしたら「祈る」より先にすることはある、と、
 叱られてしまうのかもしれませんが、
 「祈る」ことはやっぱりするべきだと思うのです。

 それは力を持たないように見えても、
 実は「虚無」に対抗できる、
 とても実際的な方法だと思うからです。
 「祈る」ということは、奇跡を起こす力であります。
 坊さんでもないのに、そんなこと考えています。


誰が言ったのか忘れたけれど、
現代人は祈りを最後の手段にしてしまった。祈りは最初にすべきものなのに
という言葉をききました。。。

祈るより、ずっと簡単にいろんなものが手に入る現代
イトイさんの言うように、祈ることよりも先にすることがあるような気がしてた
でも、大震災がきて身も心も真っ裸かにされたような気分のなか、
私たちは本能的に、あふれでるような祈りの行為をした

私たちは体験したのかもしれない、祈りとは本能だということを
人間にとって祈りとは
食べるとか生きるとか以前のもの、
それらを通り越したところにある、
純粋な思い

私たちは体験したのだ
祈りとは日常をとおり越し
自分で囲った世界をもとおり越したところにある
純粋でポジティブな光
そしてそれはあふれでてくる
あふれでてくるほど持っている、私たちの本能なのかもしれないということを
その片鱗をいま私たちは体験している
祈りとは何かということをいま私たちは心と身体と魂で体験している

I am bliss, I am bliss, Bliss absolute, Bliss I am
(ヴィシュヌデヴァナンダ先生のシヴァナンダアシュラムで毎日うたうキールタン「ジャヤ・ガネーシャ」の一節です。
この部分をうたうとき私はハートが高鳴ります)

[PR]

by yogabeaware | 2011-04-09 23:35 | 日々。。

「キールタンの会」 ~ 感想集

● 抱一先生より 
今日キールタンを歌った後、インドの僧院にいるときと全く同一の神聖さに満たされました。
企画有難う、これからも継続しましょう。



● ともこさんより
先日のスートラの会の後のキールタンは素敵な時間でしたね。
ミワコさんご誘導のジャヤガネーシャはとても楽しかったです。
シヴァーナンダアーシュラムでは聞きませんが、途中からの切り替えがとても浄化になりました。
気持ちよかった。
それがお伝えしたくメールしました。

また、第2.第4水曜日の午後13-15に狛江駅のカレーショップでキールタン練習会をしていますので、
よろしかったら一度教えにきてください。(といってもまだ2人でやっているんですが)
明日もします。
お忙しくそんな昼間にいらっしゃれないのを承知で、でもすてきだったので、またいつか共鳴したいものです。



● miwakoより
キールタンが終わった直後から偉大なエネルギーに圧倒され続けています。。。
神さまはマハー・シャクティだ!




● ゆみさんより 何かおりてきたようだった。。
[PR]

by yogabeaware | 2011-02-23 00:25 | ヨガクラスの内容