「ほっ」と。キャンペーン

タグ:いま・ここ ( 4 ) タグの人気記事

札幌に来て ~ 清らかさの本質

ヨガを勉強していくと、
だれしもが「ヤマ・ニヤマ(してはならぬこと・すべきこと)」の教えに出会うと思います。

でもそれらのいくつかは、私にとってはなんだか道徳律みたいで、
いやぁ、でも道徳律のような一方的な教えではないんだろうナ、
とは思うけど、
ではその本当の意味はなんなんだろう・・・

ずっと考えてた、疑問だった


        ☆         ☆         ☆         ☆         ☆      


たとえば、「Shauca(シャウチャ)」=清らかさ、純粋であること、清潔であること


        ☆         ☆         ☆         ☆         ☆      


東京から札幌に越してきて、何も違わない毎日だが、少し変わった

札幌もしくはそれは北海道だからなのか
土地に充満している「気」がとてもリラックスしている
自然も人間もリラックスしている
そんな中、時間が過ぎていくプレッシャーを感じないで生活している自分に気付く

「ああ、いったい何時だろう 。。 いや、何時でもいい 。。 時間は空が景色が教えてくれるや。。」

e0200565_0131029.jpg


あるとき、東京でやっていたことと同じことを少し丁寧にやっている自分に気が付いた

と、ていねいだから自然と整然とし、
ていねいだからきれいになり、
ていねいだから美しく、
ていねいだから清潔になる。。。

同じことを丁寧に出来る理由?

それは単に時間のゆとりがあるからではない

時間が止まるようにあるからだ

時間は動いていない

と、自然と目の前のことに集中できる

目の前のことに夢中になれる

目の前のことがおもしろくなる

目の前のことが喜びになる


ああ私は北海道という土地の持つ恩恵を受け、都会と違う時間の感じ方が出来る環境を与えられ、
ありがたや!これが「今、この瞬間」に生きるということなんじゃないかって感じてる!

こうして「今、この瞬間」に生きるってことが Shauca なんじゃないかって感じてる!

それが Shauca の真髄、Shauca の本質じゃないかって感じてる!

だって

時間にしばられて生きてごらん

いっきに

汚く

雑然と

もうろうと

機械的に

愛情がなくなる。。。



        ☆         ☆         ☆         ☆         ☆      


Shauca とは「今、この瞬間」に生きることだ

それなくして浄化はない

[PR]

by yogabeaware | 2011-08-07 00:24 | じぶんをみつける

迎合しない生き方

e0200565_23441790.jpg
講演会の最後で、会場からのたくさんのアンケート用紙に書かれた質問に答える佐藤初女さんは、

映画や本の「演出」というフィルターがまったくかかっていない、

素のままの初女さんだった。

なににも迎合していなかった。

観客の喝さいにも、

爆笑にも、

拍手にも、

アンケートの内容にも・・・

彼女は彼女のいま・ここを生きていた。

彼女を「クールだ」と感想を持った人がいた。

そのとおり。

冷静。

あまりにも冷静で、固執しなくて、淡々としているので、

がっかりした人がいたんじゃないかな、

彼女なら震災の答えを出してくれるかもと。



・・・初女さんは迎合しません。むだに話しませんでした。
[PR]

by yogabeaware | 2011-06-08 23:45 | じぶんをみつける

先生に語らせているのは誰

抱一先生が語っているのではない

抱一先生の背後にひそむ

「大いなる存在」が語っているんだ

わたしは先生の背後に居る「大いなる存在」に耳を傾けながら

動いていく、

アーサナをする、

自動的に、

自然発生的に・・・

ただ言葉だけを追っていると

いいとか悪いとか好きとか嫌いとか

そんな二元性の世界にはまってしまう

私はそんな世界にもういたくない

それを超えた世界にいきたい

それを超えた世界で「大いなる存在」とつながっていたい

いつも「大いなる存在」とつながっていたい

Spontaneous にヨガアーサナをしたい

Spontaneous に生きたい

[PR]

by yogabeaware | 2010-12-17 22:01 | しぜんにおこる

spontaneous シリーズ ① ~ spontaneous と 「いま・ここ」

spontaneous スポーンテニァス
形容詞]
1 (現象が)自然に起こる,自然発生的な.
⇒VOLUNTARY  the spontaneous eruption of a geyser 間欠泉の自然噴出.
2 自発的な,任意の
e0200565_1024711.jpg
Bihar Yoga 出版の 「Asana Pranayama Mudra Bandha」

この本のアーサナや呼吸法の解説文に
「spontaneous」という単語がよく出てきていた。
でも spontaneous のイメージは、わかるようなわかんないような、
なーんかよくつかめなかった。

 
        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      


ヨガを伝えているとき、
言葉をしゃべろうと頭で考えなくても、
言葉や動きがつらつらつらつら湧き出してしまうときがある。

それはまるで私が喋ったんじゃないようで、
だれか、大いなる存在のような人がパペット人形の私を操っているようで、
私は自分の口から出た言葉に、へえ~と感心してしまったりする。

それはすべてが自然・・・
満ち足りて・・・
不思議な・・・
静寂な幸福感・・・

        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      

ジャパ(マントラの復唱)は、ダーラナー(一点集中)の段階でアジャパに変容し、
そこではマントラがどんな努力もなしに自然発生的に復唱されます
(その段階がより高まると) 実践者の全存在はそのマントラと共に脈動し始めます
ジャパは口からやってくるけれど、アジャパは呼吸とハートからやってくると言われています
                        (以上、スワミ・ニランジャナーナンダ・ジの解説による)

ジャパ」(マントラ/聖音の復唱)に、否定/~でないの意味の「」が付くと、
ジャパ」・・・
ムム、ジャパではないジャパ!?
とは、
どんな努力も必要ない
自分の意思が必要ない
自然にマントラが湧き出てしまう

ダーラナー/一点集中瞑想・・・

WAO! Wonderful!!
 
        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      

アーサナをしているとき
次のアーサナを、頭でなく、決まった順番でなく、身体が知っている/欲しているときがある。

呼吸法をしているとき
やっていいのか知識はないのだけれど、あるムードラをやってみたくなるときがある。

手の、足のいきたいようにアーサナをさせて」とはスワミ・ヴィスワルーパナンダジの言葉。
 
        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      

「いま・ここ」に生きる
e0200565_1195471.jpgって本に書いてあるけれども、わかるようでわからなかったこと。
わかりやすいようで、わかりにくかったこと。

spontaneous
spontaneous というフィーリングが「いま・ここ」への扉の鍵かもしれないと思った。
[PR]

by yogabeaware | 2010-11-30 11:12 | Spontaneous に気づく ①~④