<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

愛はしぜんにおこる

(『ラーマクリシュナの福音』757P)
ここでシュリ・ラーマクリシュナは若いブラーミンに話しかけられた。

師 「知識と推理を捨てなさい。バクティを受け入れなさい。バクティだけがエッセンスなのだよ。
ここに来て三日目かね」

ブラーミン(手を合わせて)「そうでございます」

師 「信仰を持ちなさい。神に頼り切るのだ。そうすれば、何一つ自分でする必要はない。
母カーリが、お前に代わっていっさいのことをして下さるだろう。





        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      




私は時々日本ヴェーダンタ協会(インドのラーマクリシュナ・ミッション日本支部に行く。そうすると、
よく協会のインド料理を作ったりして奉仕している、ソフィアさんというインド女性に会う。

その日は私が先に来て瞑想室(シュライン)で座っていた。
しばらくしてソフィアさんが入ってきた。

彼女はなにかマントラを唱えながらひたいを床につけ、祈りをはじめた。
とたんに、ブワッという音とともに彼女が渦巻く濃密なエネルギーになった!
のを感じた。

私は彼女に驚嘆し、そして愛しく身近に感じられた。

・・・と同時に自分が恥ずかしかった。

私の神さまを思う愛・バクティのなんて薄っぺらなことか!!!





        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      




バクティだけがエッセンス 


神に頼り切るのだ。そうすれば、何一つ自分でする必要はない


それを、私はアーサナで体験する。


そう、それは身体を使ったヨガアーサナで体験できるのだ。


知識と推理を捨てなさい


知識や推理を超越する ということ、

それをヨガアーサナをしながらし続けていくと、
何一つ自分でする必要がないことを、
ほんとうは誰でもが体験することができるのだ。

アーサナをするとき

そこで私たちは

からだの筋肉をゆるめると共に、自分の思考や心の力もゆるめようとする

それは、けさ何を食べただとか、これから何をするとか、明日の予定は、子供の試験は・・・
などを忘れようという段階でも

自分は何という名前か、誰の妻か夫か、誰の母か父かを忘れようという段階でもない

自分が男だか女だか、どの場所に生きてるか、どの時代に生きてるかという感覚さえ無いほどのゆるみ

もはや自分が自分ではない

すべては神さまのもの

時間もちからも魂も

すべては私のものではない

私は私のものではない

すべては神さまのもの

私の全能力を使ってもどうにもならない

私にはどうにもすることができない

すべてはどうでもいい

神さま以外のすべてはどうでもいい



        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      



ヨガアーサナを続けていくと、不思議なんだけれども、このような意識が復活し、育っていく。

それを続けていくと、

何一つ自分でする必要はない


という事実を発見していく。

私は今、ヨガアーサナというエクササイズをして身体を動かしているのに、

まったく自分で動いていない感覚

意識ははっきりしているのに、

まったく自分の意思で動いているのではないような

まるで動きに導かれているような

自然発生的な SPONTANIOUSな 動きの感覚

そんな感覚を味わうことが出来る

本当のヨガアーサナを訓練し続けていくと

普通の日常的感覚からいったら、まさに「驚異の!」感覚に出会うことが出来る

そのとき、

何一つ自分でする必要はなく、

大いなる存在が自分に代わっていっさいのことをしている真実を垣間見る

母カーリが、お前に代わっていっさいのことをして下さるだろう


と同時に

肉体は疲れを忘れ
エネルギーはひかり輝き
私は静寂な満足感と平和な気持ちに包まれる

これらは日常の生活では得たことがなかったという発見

いままでは「生きながら死んでいたんだ」

これが「本当に生きている」ということなんだという発見

そして

この道はほんとうなのだということが自明に、明らかになる

知識や推理ではない

自らの体験によって
[PR]

by yogabeaware | 2011-03-29 10:54 | ラーマクリシュナ

それらを一人の人間のためにしていると思う必要はない

e0200565_22391697.jpg

(「ラーマクリシュナの生涯」 (上) 421 P)

ある日、彼女は師・ラーマクリシュナのもとに来て、非常にへりくだって訴えた。
神を瞑想しようとして座ると、
世俗の思い、あの人の言葉、この人の顔等々が心に浮かんで落ちつくことができません、と。

師はただちにそのムードを理解なさり、彼女は誰か愛しており、その人の言葉や顔が心に浮かぶのだ
e0200565_22461053.jpgとお知りになった。
そして愛情深くおたずねになった。
「さて、心に浮かぶのは誰の顔かね。お前は誰を愛しているのだい?」

彼女は、自分が今育てている甥の一人を深く愛していると答えた。

師はおっしゃった、

e0200565_9124051.jpg「けっこうだ。食べさせるとか、着させるとか、その子のために何をしてやるにせよ、
この子はゴーパーラであると思ってそれをしなさい。
神がゴーパーラの姿を取ってこの子のうちに宿っておいでになる、
自分が食べさせたり着せたり、お世話をしているのは
<彼>である、と思うのだ。
それらを一人の人間のためにしていると思う必要はないのだよ。
お前のムードの通りの結果が得られるはずだ」
と。



ゴーパーラ Gopala (牛を護る者の意): クリシュナの幼児、牧童時代の名
写真は日本ヴェーダンタ協会でのシュリー・ラーマクリシュナ・デーヴァ聖誕祭(3月20日)の祭壇とプージャー

[PR]

by yogabeaware | 2011-03-23 09:14 | ラーマクリシュナ

ホーリー・マザーの言葉

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by yogabeaware | 2011-03-21 09:46 | ホーリー・マザー

宇宙の中に宇宙をみる

ハタヨーガの源流、 タントラは、  大宇宙の中に小宇宙をみる   小宇宙の中に大宇宙をみる  という。
e0200565_7263972.jpg

そういえば、ヨガ・アーサナをしているとき、

この肉体が小さな宇宙のようだ・・・

いま私は、宇宙となってひとつにまとまり調和している・・・


って感じる時がある。。

からだの細胞が、血液が、内臓が、神経が、骨が、筋肉が

もっとも自然な状態で、もっとも自然な場所に在り、

お互いがが独立し、お互いが支え合ってる、

呼吸も、心も・・・

まるでそれが当たりまえかのように、必然かのように

なんの束縛も、なんの負担もない

宇宙の神秘性に満ちてすべてがおさまっている・・・!!!

まるでシンフォニー

まるでハーモニー。。。




そういう感覚、そういう実践、そういう生きかた、

もしできたら

なんだかすべてがOK!にいきそうだ!

すべてがWELLCOME!

すべてがスムーズに流れそう!  

ヨガ・アーサナをするとき
仕事をするとき
家事をするとき
いつでも

「私は、この宇宙を観ています」 そんな感覚 !  
          


宮本武蔵 著 「五輪の書」水・風の巻 より

みるには、全体を「観る」と細かく「見る」のふたつある
「観」の目を強くして、敵の心や場の様子、戦いの状況をとらえよ
小さく「見」れば、大いなることを忘れ、迷う心が生まれ、勝ちを逃すことになる

[PR]

by yogabeaware | 2011-03-07 07:30 | みる

たねはいねから、いねは光から

e0200565_736961.jpg


 
[PR]

by yogabeaware | 2011-03-03 08:34 | ヨガクラスの内容

ヨーガ・ニドラー ヨーガの眠りについて

思いこみと
頑固と
妄想

これらは成長の障害だ

思いこみと
頑固と
妄想

沈黙はこれらを破壊する
             

文明化社会の大人として、わたしたちは知性を最も優れた規範としてあがめるが、
一方、「知性の源泉」を無視しています。
わたしたちは子供の時からそのように訓練されてきたので責められるめきではないが、
霊性の生活において探求者は、信仰・愛・帰依の崇高な感情を通じて知性を超越していかなければなりません。
霊的体験は知性を超えているため、霊性の生活で進歩するためには探求者は、
すべてを忘れねばならず、論理や理性の行動基準に従うべきではありません。
そういう理由で、しばしば探求者は子供のように無邪気であれと告げれらます。
なぜなら子供は知性の論理的主張には拘束されないからです。(スワミ・サッティヤーサンガナンダ)


知性をまとった
思いこみと
頑固と
妄想

これが厄介なんじゃないかな



ところで。。。
e0200565_10431981.jpg

ヨーガ・ニドラー(ヨーガの眠り)と呼ばれるユニークな瞑想法があります。
仰向けで、横になりながら実践するのですが、
肉体・呼吸・心を観察しそれらを目撃しつづける意識を通じて、
常識でがんじがらめになった知性や緊張を解放し超越する。。
そして最終的に自己の深いくつろぎ・本当のリラグゼーションにみちびいてゆきます。。

スワミ・サッティヤーナンダ・ジは「ヨーガ・ニドラーの序」の中でこのように語っています。

もし私が、「これが正しくあれが悪い」と言うとすれば、
あなたは私に同意するかもしれませんが、
それは知的な同意です。
あなたは同意したにも関わらず、日々の生活でそれを実行できないかもしれません。
さて、その障害とは何でしょうか?

このように理想を実践することがとても困難であるということには、何か理由がなければなりません。
人生の理想のすべては聖典の中にだけあるべきではありません。
私たちは自らの理想と共に、「生き」なければなりません。
ヨーガ・ニドラーは、私たちの考えや行動のすべての責務を負う、
内側のサイキック・心霊的な人格と接触させます。
ヨーガ・ニドラーの助けにより、私たちは自分の信じるそれらの理想を「生き」られる、
行動開始できるのです。


例を挙げると、かつて私はプロの泥棒で数百の犯罪を犯した男に会いました。
長い時間彼と語り合い、最終的に盗みを行うことは悪いことだと彼に確信させました。
彼は自分が罪人であるという感情にまで達し、私は彼を転向させた、きせきを行ったと思いました。
しかし、5年後に彼の村に戻ると彼がなお同じ仕事(泥棒)をしていることを発見しました。

なぜでしょう?
なぜなら、私が転向させたのは彼の知性で、彼の内なる自己ではなかったからです。
そのあと、私はその村に6カ月滞在し、学校で子供たちや教師たちにヨーガ・ニドラーを教えました。
その泥棒もまたそれの授業に参加し、短い期間の後、彼はその職業から離れました。


知的な確信は人間生活の一側面です。
私たちはみな、善や悪について知的に確信していますが、
と同時に、私たちが理解を必要とする全てに対し、感情的に受容的でなければなりません。
このことは、受容を妨害するものが消え、
心が静穏でひとつのなめらかな流れになったときのみ可能です。

そのときなら、心に印象付けられたものが何であれ、それは誤りを正し、運命となり、指導します。

もしあなたが、悪い習慣を持つ人を知っているならば、ヨーガ・ニドラーの実践で彼を指導しなさい。
彼が完全にリラックスするまで待ちなさい。
それからいくつかのポジティブ・肯定的な指示を与えなさい。
この受容性の頂点の時間に、彼は、あなたの言葉に聞き入ることでしょう。
無分別で落ち着かない心は従順にはなれませんが、ヨーガ・ニドラーの心は完全に従順なのです。

[PR]

by yogabeaware | 2011-03-01 10:48 | スワミ・サッティヤーナンダ