「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

spontaneous シリーズ ① ~ spontaneous と 「いま・ここ」

spontaneous スポーンテニァス
形容詞]
1 (現象が)自然に起こる,自然発生的な.
⇒VOLUNTARY  the spontaneous eruption of a geyser 間欠泉の自然噴出.
2 自発的な,任意の
e0200565_1024711.jpg
Bihar Yoga 出版の 「Asana Pranayama Mudra Bandha」

この本のアーサナや呼吸法の解説文に
「spontaneous」という単語がよく出てきていた。
でも spontaneous のイメージは、わかるようなわかんないような、
なーんかよくつかめなかった。

 
        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      


ヨガを伝えているとき、
言葉をしゃべろうと頭で考えなくても、
言葉や動きがつらつらつらつら湧き出してしまうときがある。

それはまるで私が喋ったんじゃないようで、
だれか、大いなる存在のような人がパペット人形の私を操っているようで、
私は自分の口から出た言葉に、へえ~と感心してしまったりする。

それはすべてが自然・・・
満ち足りて・・・
不思議な・・・
静寂な幸福感・・・

        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      

ジャパ(マントラの復唱)は、ダーラナー(一点集中)の段階でアジャパに変容し、
そこではマントラがどんな努力もなしに自然発生的に復唱されます
(その段階がより高まると) 実践者の全存在はそのマントラと共に脈動し始めます
ジャパは口からやってくるけれど、アジャパは呼吸とハートからやってくると言われています
                        (以上、スワミ・ニランジャナーナンダ・ジの解説による)

ジャパ」(マントラ/聖音の復唱)に、否定/~でないの意味の「」が付くと、
ジャパ」・・・
ムム、ジャパではないジャパ!?
とは、
どんな努力も必要ない
自分の意思が必要ない
自然にマントラが湧き出てしまう

ダーラナー/一点集中瞑想・・・

WAO! Wonderful!!
 
        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      

アーサナをしているとき
次のアーサナを、頭でなく、決まった順番でなく、身体が知っている/欲しているときがある。

呼吸法をしているとき
やっていいのか知識はないのだけれど、あるムードラをやってみたくなるときがある。

手の、足のいきたいようにアーサナをさせて」とはスワミ・ヴィスワルーパナンダジの言葉。
 
        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      

「いま・ここ」に生きる
e0200565_1195471.jpgって本に書いてあるけれども、わかるようでわからなかったこと。
わかりやすいようで、わかりにくかったこと。

spontaneous
spontaneous というフィーリングが「いま・ここ」への扉の鍵かもしれないと思った。
[PR]

by yogabeaware | 2010-11-30 11:12 | Spontaneous に気づく ①~④

究極のしあわせ

e0200565_23582395.jpg


写真は南インド・ニヤルダムのシヴァナンダアシュラムでのクリシュナ像とギーターの先生
なんてしあわせな空間が写っている写真でしょう!

今夜は東京・東中野のISKCON(クリシュナ意識国際協会)
サチャ・デヴァダス先生のヴァガバッド・ギーターの講義を聞きに出かけた。
講義後に変化をかんじるんだよな。

外の変化→
やわらかくフワフワの心になってる感触や
口元や目の奥の筋肉のゆるみ感・・・

内の変化→
おだやかなルンルン気分
奥のほうに感じる静寂・・・
 
        ☆       ☆       ☆       ☆       ☆ 
      


ISKCONには先週初めて出かけた。

そこでちょうどヨガ(先生は骨盤調整を中心にします、と言っていた)をギータの講義前にやっていたので、トライしてみた。
先生の指導やアジャスト(ポーズの修正)はとても適切で気持ちよく、違和感をかんじることもなかった。
心地よくヨガができた。
からだも伸びて気持ちよかった

そしてそのあとギーターの座学講義に。
話題は、私たちの本質は「気付いている意識」なんだよという話だった。
 
         ☆       ☆       ☆       ☆      ☆ 

      

ねえ、ただ座って聴いているだけなのに、
ただじっとして聴いているだけなのに、
なんでこんなに気持ちいいんだろう?
なんだろう、この心の奥から湧き出るような、透明で純粋な満足感は・・・
なに?
泣き出してしまいそうなくらい共鳴しているこの感情は・・・
そしてすべてを投げ出してひれ伏してしまいたいような甘くとろける感覚は・・・
すべてが気持ちいい・・・
すべてに満足
そうなのだ
講義前に受けたヨガのクラスとは比べようのないくらい気持ちいいのだ・・・
ああ
スピリチュアルな世界を旅するしあわせ感は
計り知れない
 
           ☆       ☆       ☆       ☆      ☆ 

      

ヨガの先生も一緒に講義を受けたんだよね。
ギーターの講義のあとの彼女の顔は別人かと思った。
ほんの小さな子供のようで別人のようだった。
なんのマスクも着けていない、
なんの洋服も着てないようだった。

[PR]

by yogabeaware | 2010-11-18 23:43 | あるがまま

何も知らない

はやぶさがイトカワのちりを持ち帰ってきて、話題になっているけれど、

人間は40億年前という宇宙のはじまりさえわかってないんだよね

サンデル教授の「白熱教室」をみたけど、

人間は自分たちがしてきた行動にさえ

一致した意見を持ってない、哲学をみいだせていないんだよね

なんというちっぽけな人間

何にも知らない

知らないで私たちは日々さまざまなことに巻き込まれ意見し生活している

人生を生きてうごめいている

私たちの背後の「大いなる存在」

私たちをうごめかしている「大いなる存在」

それに気づかずして生きるのはなんて尊大かと思う
[PR]

by yogabeaware | 2010-11-18 12:05