カテゴリ:ヨガクラスの内容( 26 )

ほんとうの知識

e0200565_1712630.jpg
ほんとうの知識は「無努力」とともに起こってくる。

これをヨガのポーズから学んだ。

本や先生の言う通りにポーズをとっていく先には自分の血肉となるほんとうの知識はなかった。

カラダを  無努力のまま  時間をかけて  放っておいて  そしてとれていく  ポーズのほうが

結果、ポーズの完成形に近くなっていった  カタチも  本質も

e0200565_1715359.jpg

無努力でカラダに任せていった先にあったのは

そのポーズが伝えたいことはコレだ!という感覚

それは自分で掘り当てた知識

身についた体験

疑いなきもの

e0200565_1710206.jpg

もし教科書だけ頼りにしているとき、権威ある先生が書いた別の本が違うことを言っていたら、、、
どうするだろう?
きっとその答えを別の本にたずね、別の先生に質問し、別のヨガ教室に行って・・・
「永遠のぐるぐる」を繰り返す。
それはヨガでも、日常でも、学校でも、職場でも・・・起こる。 それを「消耗」と言うんじゃない?

無努力で行うアーサナは、ポーズをとっている最中から私にジワジワとすてきな気づきをもたらしていった。
「気持ちいい」から始まったけれど、それ以上のもの~
~今までいかに不必要な努力を重ねてきたかとか、
それはひとりよがりだったんだ!とか、
自分で自身を束縛してきたようなものだったねぇ、とか、
この「努力」がカラダの歪みを生んでいるんだなとか、
努力を忘れて受け身でいるとき私のエネルギーはこんなに喜ぶのか!とか、
ああそれが「生(せい)」「生きること」なのだとか、そこには時間も空間もないんだなぁ~とか、・・・・・

それらの気づきを経て
信頼する本にあたり、先を歩む先達の話を見聞きしたら、自分と同じようなことを体験してた。
次に自らの肉体を調べてみたら、やけに元気になってた。
次にエネルギーを感じて見たら、快活に軽やかになってた。
すべてが「明るい」ほうに変化してた。

闇から光へ

混沌から快活へ

もうろうから明快へ


↑それが、ほんとうの知識だって裏付けだ。

それも自分の力で掘り当てたから意味がある。
しかもひとりよがりではない。
思いこみでも思いこませでもない。
ほんとうの、永遠の、自らの血となり肉となる知識。
それこそが自分のゆるぎない基盤となるのです。
[PR]

by yogabeaware | 2012-07-15 17:35 | ヨガクラスの内容

始めと中途

ヨガをして始めのうちは、きもちよさを追求していく

それはカラダがきもちい~のを受け入れること

カラダのきもちよさにビンカンになること

そして

カラダの主(ぬし)・自分こそ、きもちよくなっていい存在なんだ、って

自分を好きになることなの☆




ヨガをつづけてゆくと

きもちい~部位が変化してゆく

そしたらそのときにきもちい~部位を観察してゆくの

そしてもっと、きもちよお~くなるように工夫してゆくの

足の位置、手の位置、お腹のかんじ、腰の感じ、呼吸・・・





そのようにポーズを楽しんでゆく☆

深めてゆく☆

自分独自のポーズになってゆく☆

知らず知らずそのポーズの本質に近づいてゆく☆完成に近づいてゆくの☆
[PR]

by yogabeaware | 2012-06-04 18:56 | ヨガクラスの内容

LET IT GO

e0200565_11469100.jpg

          
        (ヨガアーサナって)   伸ばすことじゃない  手放すことなんだよ 

                                 (view from Moiwa mt. Sapporo on 01Jan2012)
[PR]

by yogabeaware | 2012-05-30 11:56 | ヨガクラスの内容

ハ・タ・ヨガとさまざまなヨガの道と春ヨガ日程のお知らせ

ヨガにはさまざまな道(方法)があります。e0200565_1718267.jpg
もっともポピュラーなのは身体をつかった浄化のヨガ(ハ・タ・ヨガ)、
瞑想を主体としたラージャ・ヨガ、
知性や識別力をつかう知識のヨガ(ギヤナ・ヨガ)、
日常の仕事を神への礼拝のように行おうとするカルマ・ヨガ、
神への献身に没頭するバクティ・ヨガ、etc・・・
ひとつではヨガとは言えず、また、ひとつ欠けてもヨガの頂点にはたどりつけないように思います。
それらは手足のように相互に補うもの。ひとつひとつの道のエッセンスからヨガの真髄を学ぼうとする態度が、
もっとも自然なヨガの学び方のように思います。

e0200565_1752053.jpg


ヨガとはホール/whole=全体性。
一つ一つの道はヨガという宇宙を創る一片なのです。



その中でもヨガ勉強の「基盤」として最もふさわしいと思う道があります。
身体を使い、観察し続ける、「ハ・タ・ヨガ」です。
なぜなら。。。

身体は正直だから。
身体の反応は正直だから。
だから身体を動かして、
やってくるもの、起こること、感じてしまうことは、けっこう「あて」になるのです。
それを、ありのままを、心に巻き込まれずにただ観ようということです。


今の身体は自分の表現。
今の身体は今の自分を表しています。
今の身体は心の表現。
今の身体は今までの自分の生き方を表しています。
今の身体は素の表現。
今の身体は自分も知らない自分の正の部分、負の部分を表しています。

だから身体の反応を観察する「ハタ・ヨガ」は、すべてのヨガ勉強のトーチ(灯)となり得るのです。

身体を刺激した時、起こることを観察しよう。
それによって起こることは信頼するに値する。
なぜなら身体は正直だから。
身体は色眼鏡でみないから。


東京での春ヨガの日程
4月23日(月)10:30~13:00@三鷹・沙羅舎
5月28日(月)10:30~13:00@三鷹・沙羅舎
清々しい和室にて、アーサナ(ポーズ)・プラーナヤマ(呼吸法)・ダラナ(瞑想)をゆったりと。
新たな気づきと、本当の「生」とつながるエネルギー。

[PR]

by yogabeaware | 2012-04-14 18:27 | ヨガクラスの内容

3月のヨガのお知らせと呼吸法について

emoticon-0155-flower.gif3月ヨガのお知らせです@東京emoticon-0155-flower.gif

①3/12(月)@三鷹の沙羅舎にて、10:30-13:00 (開場10時)

②3/19(月)@東小金井のマロンホールにて、10:00-13:00 (開場10時)

emoticon-0169-dance.gif場所と、時間が微妙に違うのでお間違えないようにしてくださいねemoticon-0170-ninja.gif



さて今回は新たな呼吸法にもトライします。



人間を含め全てのものは「エネルギー」で成り立っています。それは私たちの「生」を司る大事なものです。
でも、クセ、簡単にいえば「自分のクセ」によって、食生活、姿勢、心の持ち様などが健全・調和・美しい「軸」からズレていき、
「ズレ=アンバランスさ」がエネルギーを停滞させる方向へ(凄い力で)持っていってしまいます。
すると疲れたり落ち込んだり、躁や鬱、ひいては病気になったりと、心身がアンバランスな状態になるのです。



呼吸法には以下のメリットがあります。



①呼吸法という技術を使って、「呼吸観察に集中する」ことで、心が静まります。

肉体への影響としては、交感神経系統のバランスが整い、ホルモンバランスが整います。
これは、血圧、心拍数、血糖値、酸のコントロール、筋肉のコントロールとつながっていることは勿論、
自律神経に作用し免疫力を高めます。

また、脳が正しく鍛えられ、ストレス耐久力を増します。

そして肉体が安らぎます。すなわち脳、神経、体液、臓器があるべき状態/あるべき場所へ戻るということです。
これは自分の自然治癒力 (SPONTANEOUS HEALINGと言われています)
つまり、元の、健康(=あるがまま)に戻ろうとする、内側から発生する自発的な自らの力であり、
それが開発されます。



②心が静まると普段感じているよりも、もっと細かいこと / よりミクロな物事 /
より精妙で、目に見えにくい事実が見えてきます。
たとえば目を閉じていても、はっきり感じたり体験したり出来るようになり、
自分が関われる世界が拡がっていきます。
そしてそれを繰り返すことで、より確かに状況・物事・世界を見る力がついてきます。

・肉体に関していえば、自分の筋肉のつきかたをはじめ、体調、からだのしくみなど理解し始めます。

・心に関していえば、自分の考え方のクセや他人の傾向が分かりやすくなって判断力が上がります。

・魂(生き方)に関していえば、自分の軸が見えてきます。

呼吸法とは、自分の肉体を使って行う実験のようなものですが、それをやってみて起こる結果は全て自分の体験ですよね。
自らの実体験により軸が確立されるということなのです。

本や教科書を読んで得た軸や、
ただ信じなさいと根拠なく勧めてくるファッションや常識やヒーラーなどで得た軸では不安定極まりないのですが、
自分の体験で得た軸は、安定していつも変わらずそこにあり、そして自分に平和をもたらします。

あらためていえば、
自らの実体験によってのみ、自分の軸が確立されるということです。
呼吸法はそれをサポートします。



③また、呼吸法という技術は人類が何千年もかかって、世代から世代へと、開発され受け継がれてきた
「生命にまつわる科学」です。「命をつかさどるエネルギー」という領域の科学なのですね。

それを停滞させないように流してあげること、
活性化してあげること、
エネルギー=生きるちから(生命力)をたっぷり与えてあげること、
それが呼吸法の最大の目的かつ利点(メリット)です。



④サイゴ、シンプルにemoticon-0102-bigsmile.gif
呼吸が変わるとアーサナ(ヨガのポーズ)がラク・楽になってくるemoticon-0105-wink.gif
呼吸が変わると心が快活になるemoticon-0118-yawn.gif

イェイ
3月ヨガお楽しみに
興味ある方はご連絡ください→
yogabeaware@gmail.com
[PR]

by yogabeaware | 2012-02-18 00:39 | ヨガクラスの内容

あなたの奥底に眠るダイヤモンド

« ヨガが終わったあと、キラキラな気分になるのはわたしだけでしょうか。»

1月のヨガが終わりました。
今回は、「いのち」を豊かにする素敵なスペース、東京・三鷹市の沙羅舎さんにて行いました。
私が東京にいる時には必ず通う、抱一先生のヨーガ塾シュリー・チャクラもこちらです。
このほか、アートセラピーやフラワーエッセンス、手技療法なども行われていますが、
そんな清らかで静寂な空間で、伝えたいヨガを皆さんと分かち合えたこと・・・
それをとても嬉しく思っています。


>« ヨガが終わったあと、キラキラな気分になるのはわたしだけでしょうか。»


とは、いつも私のヨガに参加してくれる、大事な友人のことば。

本当に。

そのとおり。

なぜならヨガは、彼女の言う、「キラキラ」そのものにダイレクトに通じてしまう技法だから・・・。

その「キラキラ」とは・・・、あなたの奥底に眠る宝物。宝石。ダイヤモンド。

あなたはヨガのあいだ中、それらに触れて一体となり、そして平安でしあわせ・・・。

そう、理由はいえないが何故だか本能的に、

あなたはそれがまやかしや一時的なものではないことを知っている。

それは、自分が知ろうとすればいつでもそこにあり、

常に美しい満足感にあふれたものだと知っている、

そう、なぜだか知ってしまっているのです。

>知っている

ということは、あなたはそれが何か実はわかっているということ=初めてのものじゃない。経験していた。

それならそれは、

あなたと別の物ではない。実はあなた自身・・・


ダイヤモンドはあなた自身

あなたはその喜びをすでに知っているから喜ばしい

ここに何の矛盾がある?

私はこんなヨガを

私はこんなヨガをみなさんと分かち合いたいと思っています
[PR]

by yogabeaware | 2012-01-26 16:34 | ヨガクラスの内容

ヨガアーサナの効用 2

強制してはならない。
ヨガのポーズをとるときに、力を使って強制してはならない。
だからといって、だら~んとするのではない。
力を入れず、只リラックスするのではない。                 (前回のブログより)



言われてもどういうことだかわからないよね。

ヨガの先生や本では不十分。
自分の内側に「ガイド」が必要だ。
何をガイドにするか?
と迷っていたとき、「ヨガ」という言葉の中にヒントはあった。

ヨガとは「合一」とか「バランスをとる」という意味。→そう、「バランスをとる」ということをガイドにしよう。

・左右の、前後のバランスがとれるように。

・バランスがとれて、

・どこにもモヤモヤやよどみがなく、

・すっきりと透明な軸を探して。

こうしてバランスというガイドを頼りにポーズをとってみると、
やがて軸が見えてくるのだ、ポーズの軸が。
どんなポーズをとるときにもぶれない軸。
それが徐々にわかってくる。

そして軸を中心に、
身体を曲げたり伸ばしたり縮めたりして、ポーズが展開されていることがわかってくる。
=ポーズの本質に近づく。
=ポーズの理解。
理解されてくると、
強制ではなく、ちからづくでなく快適にポーズをとることができるようになってくる。

ここにはもっと深い意味がかくされている。
↑↑↑バランスをとる、ということには。
バランスをとるには状況の理解が不可欠。
左と右のバランスをとるには、左のことも右のこともわかっていないと。
無意識でぼんやりとしていては無理だ。
はっきりと明晰に理解していないと。
また当り前のことだが、

左右のバランスをとるには左も存在し、右も存在しないと不可能だ。

私はこう思っているの。

いいことも悪いことも
喜びも悲しみも
存在しないと
バランスはとれないのだ。
それらが存在しないなら、、、
つまり喜びだけでも
悲しみだけでも
この世は存在し得ないのだ。
それらの多様な存在に意味があるのだ。
そう思う。
そしてそれらの存在の意味を理解し、ついにバランスがとれたとき、わたしたちはそれらを超越できる。
左と右、いいことと悪いこと、二元性を超越できる。
そんな至高の体験を、
バランスの軸をとりながらヨガアーサナをすることで、わたしたちは疑似体験できるのではないか。
わたしたちはこのようにヨガアーサナをすることで、
善と悪、光と闇、愛と憎しみという二つの極を超越し、
均衡と平衡の調和の境地の疑似体験をしているのではないか。

そう考えると、ヨガアーサナがいかに偉大であるか驚くばかりである


強制ではなく、ちからづくではなく、生きていきたい。Spontaneous Living of Yoga のホームページ → http://spontaneousliving.org/

[PR]

by yogabeaware | 2012-01-20 20:43 | ヨガクラスの内容

ヨガアーサナの効用

強制してはならない。
ヨガのポーズをとるときに、肉体を力で強制してはならない。
だからといって、だら~んとするのではない。
力を入れず、只リラックスするのではない。

~すっきりと透明に~

そこにはまったく強制なんて無い。
たとえ大変なポーズをとったとしても、強制感を超越した気持ち良さ心地よさ。

腕をまっすぐに伸ばすときも、指を揃えるときも、
力で伸ばしたり、力で揃えているのではない。
~伸びてもリラックスしてる~
まるで腕や指がどこまでも気持ち良く伸びるような。。。
伸び続けて自分のものでなくなってしまうような。。。


そんなとき

自分がもう「無い」ような軽やか感を感じます
自分と他のものたちを仕切っている境界線とか
じぶんとはこうだという頑固な概念が
ゆるみだすのを感じます
だんだんどーでもよくなってゆくの
自分ががんばってるもの
かたひじはっていることが
守っているいることが
どうでもよくなってゆく
そしてそれは自分自身をがんじがらめにしていることに
ヨガのポーズを通して完全に気づき
とにかくどーでもよくなってしまうのです

自由だ!自由だ!
という満足感・喜びと
内に秘めていた花が
開花するようなおだやかな高揚感が
わきおこるのです

わたしたちそれぞれの、内に秘める花を開花させるような生き方を・・・Spontaneous Living of Yoga のホームページ → http://spontaneousliving.org/

[PR]

by yogabeaware | 2012-01-20 20:13 | ヨガクラスの内容

全体の中の一部

私は全体の中の一部だ

ということを知れば、体験できれば

目の前の人、目の前のものに同じ一部をみることができる


[PR]

by yogabeaware | 2011-06-22 08:27 | ヨガクラスの内容

一部が全体に

一部が全体に

全体が一部であることは宇宙の法則だ

小さなコスモス

と大きなコスモス

ああ、ここ(私)に宇宙の全てがあると思うこともあれば、

私はたったひとつの細胞にすぎないと思うこともある

ただ一部でも全体でも

宇宙は宇宙

ちいさな宇宙の法則に気づけば

大きな宇宙を知る智慧となるだろう

小さな宇宙のハーモニーを体験できれば

大宇宙のハーモニーを体験する

それが

OM


[PR]

by yogabeaware | 2011-06-22 08:00 | ヨガクラスの内容