「ほっ」と。キャンペーン

わたしの大好きな挿話 1

e0200565_0325639.jpg
「こんな話があるのだよ、聞いておくれ。


                               emoticon-0171-star.gif


  その牧場には恐ろしい毒ヘビが住んでおり、誰もがそれを恐れて用心していた。 
  ある日のこと、それを知らぬ僧がひとりで牧場を通ろうとするので、牛飼いの少年たちが来て「行かないでください、お坊さま。そちらの牧場には毒ヘビが住んでいるのです」と声をかけた。しかし僧はあわてることなく、「心配するな、坊やたち。わたしはヘビなど恐くはないのだ。なぜならマントラを知っているからね」と言ってスタスタ行ってしまった。少年たちは恐ろしくてその場を動けなかった。
  そうこうしているうちに、ヘビはかま首をもたげて僧のほうへやって来た。僧は間髪をいれず、あるマントラ(聖語)を唱えると、ヘビはミミズにでもなったかのように彼の足下にひれ伏してしまった。僧は話しかけた、「これ、お前はなぜ来る者を傷つけようとするのだ」と。そして「さて、お前に聖なる言葉をひとつ授けよう。それを唱えることで神を愛することを学ぶだろう。そしてついには「彼」をさとり、その荒々しい性格を捨て去るだろう」。
  僧はヘビにマントラを与え、まったく違う生活へと導いた。
  ヘビは頭をさげてたずねた、「師よ、私はどのような修行をしたらよろしいのでしょうか?」
  「このマントラを繰り返し唱えなさい、そしてもうこれ以上誰も傷つけてはならない」
  僧は、また会うことを約束してその地を離れた。

  日が経ち、牛飼い少年たちはヘビがもはや噛もうとしないことに気が付いた。
  そこで彼らは石を投げつけてみた。が、それでもヘビはみじんの怒りもせず、ミミズのようにおとなしかった。
  ある日、少年の一人がヘビに近づき、尾をとって、グルグルと振り回し、何度も地面にたたきつけ、そして放り捨てた。彼は血を吐き、意識を失った。動かなくなったヘビを見た少年たちは、それは死んだと思い行ってしまった。

  その夜おそく、彼は意識を取り戻した。
  ノロノロと、そしてやっとのことで、身体を引きずりながら巣である穴の中へと戻った。骨折したようで、ほとんど動けなかった。
  幾日も過ぎた。
  彼はやせ衰えて骨と皮だけとなった。恐怖のため、日中は外に出ることができなくなったので、夜中にときおり食べるものを探しに出掛けるだけとなった。それに、師である僧からマントラを授与されて以来、彼はすっかり他者を傷つけることはやめていた。そのため土や葉、落ちてきた木の実で命をつないでいたのだ。

  それから一年後、あの僧が来て、ヘビの消息をたずねた。
  少年たちは「死にました」と告げたが、僧は信じなかった。授けたマントラの恩寵を得るまで、ヘビは死なないと知っていたからだ。
  僧はあちこち探しながら、自分が与えた名前でヘビを呼んだ。
  すると師の声を聞いたヘビが穴から這い出してきて、うやうやしく彼の前に頭を下げた。
  「元気にしていたかね?」  
  「はい、私は元気でございます」 
  「しかし、なぜお前はそんなにやせてしまったのだ?」 
  「師よ、あなたは誰も傷つけるなとおっしゃいました。ですから私は葉っぱと果実だけで過ごしてきました。きっとそれでやせてしまったのでございましょう」

  サットワ(純粋性)の性質を育ててきたこのヘビは、もはや誰に対しても腹をたてるということはなかった。だから少年たちが自分を殺そうとしたことなどとっくに忘れてしまっていたのだ。

  師は言った、「食べもののせいだけで、そんなにやせるものか。何か他の理由があるだろう?少し考えてごらん」
  ヘビは、「・・・はい、師よ。今、思い出しました。ある日、少年たちがやってきて、私を地面に叩きつけたのです。ようするに、彼らは無知なのです。どんなに偉大な変化が私の心に起こったか、ということが彼らには理解できなかったのです。私が人を噛むことも、傷つけることも、もう決してないということなど、どうして彼らが知りえましょう」

  「なんということだ!なんという馬鹿者だ、お前は!自分を守るすべを知らないとは!私は『噛むな』とは命じたが、『シューシュー言うな』とは命じなかっただろう? どうしてシューシュー言って彼らをおどさなかったのだ!」


                               emoticon-0171-star.gif


 それだから、おまえたちも悪い人々にはシューシュー言わなければならないよ。
 彼らがお前たちを害さないように、彼らを恐ろしがらせなければいけない。
 しかしけっして毒を注入してはいけないよ。ひとは他者を傷つけてはならないものなのであるから。」              (ラーマクリシュナの福音 Gospel of sri Ramakrisna)
[PR]

by yogabeaware | 2012-07-20 01:10 | ラーマクリシュナ