ハ・タ・ヨガとは ⑥ ~ ハタヨガ・プラディーピカー 1章17節

Hathasya prathamaangatvaadaasanam poorvamuchyate.
akuryaattadaasanam sthairyamaarogyam chaangalaaghavam
.


Prior to everything, asana is spoken of as the first part of hatha yoga.
Having done asana, one attains steadiness of body and mind, freedom from disease and lightness of the limbs.                                     Hatha Yoga Pradipika ( 1:17 )   
 


 In raja yoga, asana refers to the sitting position, but in hatha yoga it means something more. Asanas are specific body positions which open the energy channels and psychic centers. They are tools to higher awareness and provide the stable foundation for our exploration of the body, breath, mind and beyond. The hatha yogis also found that by developing control of thedy through asana, the mind is also controlled. Therefore, the practice of the asana is foremost in hatha yoga.

・・・( パタンジャリの『ヨーガ・スートラ』を根本経典とする )ラージャ・ヨガではアーサナとは座る姿勢だと述べられています。 しかしハタ・ヨガでいうアーサナとは、それ以上のもので、それはエネルギーの流れやサイキック/心霊のセンター(チャクラ)を開く、ある特定のポーズなのです。

それは 「高度な気づきのための道具」 であり、身体、呼吸、心、あるいはそれ以上のものを探求するための 「安定した基盤」 なのです。

ハタ・ヨガの行者たちはアーサナをとおして身体をコントロールする能力を開発してきました。 そして、心もコントロールできることを発見したのです。 ハタ・ヨガではアーサナの練習を、だからこそ真っ先に行うのです。
 ( 『Asana Pranayama Mudra Bhabdha』 by Swami Satyanannda Saraswati  8p )                  
e0200565_19483054.jpg
 ( 写真はビハール・スクール・オブ・ヨーガ出版の 『Hatha Yoga Pradipika by Swatmarama』 )

Yogasanas are not exercises, but techniques which place the physical body in positions that cultivate awareness, relaxation, concentration and meditation.

ヨーガ・アーサナは運動ではなく、「気づいている」という意識、本当のリラクゼーション、集中、そして瞑想・・・それらの能力を自分の内に耕し、開発するために、肉体をある状態に定める技法です。   

 ( 『Asana Pranayama Mudra Bhabdha』 by Swami Satyanannda Saraswati 12p )  

[PR]

by yogabeaware | 2012-05-12 19:45 | ヨガ哲学