「ほっ」と。キャンペーン

メールにて。。近況を。

私はヨガに出会ってまだ5年くらいですが、それでもヨガを通じてたくさんのひとと交流しました。

その中で、ヨガや霊性の表面的な部分で漂っている人が、(自分を含めて)大勢いると観察してきました。

また、その漂流から脱け出したいけど、方法を見つけられない人も・・・。

だからマハーラージ(*日本ヴェーダーンタ協会長のこと)が言うように、実践的なガイドがとても重要だし、また、一度聞いてピンと来ないひとたちを愛情を持ってフォローすることもとても大切だと感じはじめています。

先日のリトリートでのマハーラージの講話では、真理に関してのことは3つの検査方法があるというお話が印象に残りました。

①聖典といわれているものにあたる。聖者の経験にあたる。②論理的であるかよく検証する。③自分の経験

この 三つが合致して初めて、例えば神さまがいるかいないか、などの証明になる、ということです。



私自身は、神さまなんか信ぜず、常識に沿った自分の理想像を1 00%演じていたところから始まって、

今は自分の体験こそが自分の信仰、自分への信仰、ほんとうの自立、ほんとうの宗教、そしてそれは神さまへの気づきの芽であった!という経験をしてきました。

以前は自分を信用していなかったのですね、自分のことなのに人任せにしてた、自分の体験を重んじていなかった、自分を大切にしていなかった、真剣に生きていなかったのだと思います。

自分の中に自分が居なかったから、何をどう選択したらいいのかがわからない。
いつも不安で心配でした。



もうそんなの、つくづく嫌になりました^^!

自分の存在すべてを使って、感じ、体験することが、とっても重要な気づきの一歩なのですよね。

それが自分の土台、なのですよね。

もちろん、3つのバランスがとれてこその土台(=智慧)、ですが・・・



今回逗子の協会(*日本ヴェーダーンタ協会のこと)に足を踏み入れた途端、愛の波動のようなものにグッと胸をつ かまれたようでした。

瞑想室で、愛のシャワーが降っている!と感じたことはありますが、玄関先で、というのは初めてでした。

波動が拡大しているのか、私が感じやすくなったのか・・・?!



先の講話で仏教がすたれてきた理由というくだりのとき、「お寺は美術館ではない。瞑想や祈りを、僧がしないとお寺の雰囲気が出ない」というお話がありました。

その通りなのですね。

逗子でマハラージと共に生活をしていると、祈りの深さや普遍的な愛情深さを目の当たりにします。

それはこの世で「愛」と言われているものとはあまりにも違うものなのです。

そしてそれがこの包み込むような癒しの波動をつくるのだと実感しました。

自分も1ミリでも近づきたいと 思いました。



リトリートから一緒に帰って来たとき、マハーラージは私に「普遍的に生きること」とつぶやきました。



勝手に東京行きの感想を並べて長くなってしまいましたm(_ _)m

12月のマハーラージの札幌での講話会、楽しみです。音楽も取り入れるとのこと、興味深い体験となりそう!私も、盛会となるよう顔張ります^^!



お盆明けにお会いできますのを楽しみに、そしてシルバーバーチも楽しみにしています^^

いつもありがとうございます

みわこ
e0200565_2110898.jpg

お供え。庭のトマトにつゆ草の花飾り。

[PR]

# by yogabeaware | 2012-08-11 21:42 | 日々。。

わたしの大好きな挿話 1

e0200565_0325639.jpg
「こんな話があるのだよ、聞いておくれ。


                               emoticon-0171-star.gif


  その牧場には恐ろしい毒ヘビが住んでおり、誰もがそれを恐れて用心していた。 
  ある日のこと、それを知らぬ僧がひとりで牧場を通ろうとするので、牛飼いの少年たちが来て「行かないでください、お坊さま。そちらの牧場には毒ヘビが住んでいるのです」と声をかけた。しかし僧はあわてることなく、「心配するな、坊やたち。わたしはヘビなど恐くはないのだ。なぜならマントラを知っているからね」と言ってスタスタ行ってしまった。少年たちは恐ろしくてその場を動けなかった。
  そうこうしているうちに、ヘビはかま首をもたげて僧のほうへやって来た。僧は間髪をいれず、あるマントラ(聖語)を唱えると、ヘビはミミズにでもなったかのように彼の足下にひれ伏してしまった。僧は話しかけた、「これ、お前はなぜ来る者を傷つけようとするのだ」と。そして「さて、お前に聖なる言葉をひとつ授けよう。それを唱えることで神を愛することを学ぶだろう。そしてついには「彼」をさとり、その荒々しい性格を捨て去るだろう」。
  僧はヘビにマントラを与え、まったく違う生活へと導いた。
  ヘビは頭をさげてたずねた、「師よ、私はどのような修行をしたらよろしいのでしょうか?」
  「このマントラを繰り返し唱えなさい、そしてもうこれ以上誰も傷つけてはならない」
  僧は、また会うことを約束してその地を離れた。

  日が経ち、牛飼い少年たちはヘビがもはや噛もうとしないことに気が付いた。
  そこで彼らは石を投げつけてみた。が、それでもヘビはみじんの怒りもせず、ミミズのようにおとなしかった。
  ある日、少年の一人がヘビに近づき、尾をとって、グルグルと振り回し、何度も地面にたたきつけ、そして放り捨てた。彼は血を吐き、意識を失った。動かなくなったヘビを見た少年たちは、それは死んだと思い行ってしまった。

  その夜おそく、彼は意識を取り戻した。
  ノロノロと、そしてやっとのことで、身体を引きずりながら巣である穴の中へと戻った。骨折したようで、ほとんど動けなかった。
  幾日も過ぎた。
  彼はやせ衰えて骨と皮だけとなった。恐怖のため、日中は外に出ることができなくなったので、夜中にときおり食べるものを探しに出掛けるだけとなった。それに、師である僧からマントラを授与されて以来、彼はすっかり他者を傷つけることはやめていた。そのため土や葉、落ちてきた木の実で命をつないでいたのだ。

  それから一年後、あの僧が来て、ヘビの消息をたずねた。
  少年たちは「死にました」と告げたが、僧は信じなかった。授けたマントラの恩寵を得るまで、ヘビは死なないと知っていたからだ。
  僧はあちこち探しながら、自分が与えた名前でヘビを呼んだ。
  すると師の声を聞いたヘビが穴から這い出してきて、うやうやしく彼の前に頭を下げた。
  「元気にしていたかね?」  
  「はい、私は元気でございます」 
  「しかし、なぜお前はそんなにやせてしまったのだ?」 
  「師よ、あなたは誰も傷つけるなとおっしゃいました。ですから私は葉っぱと果実だけで過ごしてきました。きっとそれでやせてしまったのでございましょう」

  サットワ(純粋性)の性質を育ててきたこのヘビは、もはや誰に対しても腹をたてるということはなかった。だから少年たちが自分を殺そうとしたことなどとっくに忘れてしまっていたのだ。

  師は言った、「食べもののせいだけで、そんなにやせるものか。何か他の理由があるだろう?少し考えてごらん」
  ヘビは、「・・・はい、師よ。今、思い出しました。ある日、少年たちがやってきて、私を地面に叩きつけたのです。ようするに、彼らは無知なのです。どんなに偉大な変化が私の心に起こったか、ということが彼らには理解できなかったのです。私が人を噛むことも、傷つけることも、もう決してないということなど、どうして彼らが知りえましょう」

  「なんということだ!なんという馬鹿者だ、お前は!自分を守るすべを知らないとは!私は『噛むな』とは命じたが、『シューシュー言うな』とは命じなかっただろう? どうしてシューシュー言って彼らをおどさなかったのだ!」


                               emoticon-0171-star.gif


 それだから、おまえたちも悪い人々にはシューシュー言わなければならないよ。
 彼らがお前たちを害さないように、彼らを恐ろしがらせなければいけない。
 しかしけっして毒を注入してはいけないよ。ひとは他者を傷つけてはならないものなのであるから。」              (ラーマクリシュナの福音 Gospel of sri Ramakrisna)
[PR]

# by yogabeaware | 2012-07-20 01:10 | ラーマクリシュナ

サットサンガへの誘い

~ 引き続き クリシュナムルティ の言葉
e0200565_13213621.jpg

 (とこれまで私が話してきたことは)人生、というとてつもない地図を観察することだったのです。

・・・

 それゆえにこそ、賢者と交際して生きることがいいのです。
 人をバカにしたりしない、真に賢明なる人と共に生きることが。
 真の知恵は、本を読んでも、知恵を教えてくれるクラスに出席することによっても生まれません。
 知恵は、自分を知ることと共に生まれるのです。


                               emoticon-0171-star.gif


知恵は、自分を知ることと共に生まれる ~ やっぱり、→ ほんとうの知識 に戻ってきた。

そして

賢者と交際して生きることがいい ~ すなわちサットサンガ、清らかなつどい

・・・振り返るとわたしは生まれてからずっとそれを求めてきた気がする・・・
・・・そして心身が健康になるはずのヨガをする人の中にもいろんな人がいることを知り、また地震や原発事故が追いかけてきて、求めるこころに拍車がかかりあせっていた。私自身が何かにつかまりたかったのか。。

サットサンガは起こるもの。 起こすものでは、ナイ。

あなたに聞きたい。

ある人(もしくは家族)と、いつも仲良くお付き合いをしているけど、だけどそこはかとなく、不安・・・だったりしてない?
付き合いの最中は楽しいけど、ふと、なにか腑に落ちないような、消化不良のような、はっきりしないモヤモヤがあったりしない?
そのひとに気持ちを伝えられてる?
あなたは注意を払われている?
言い合えている?
厳しいことを言う人を避けてない?
その人と共にいる時間はあなたの人生において貴重ですか?
その人がいなくても、自分一人で、大丈夫ですか?


                               emoticon-0171-star.gif


あなたがほんとうに光のほうに行きたいのなら

自分で自分を知る勇気を持つことだ

それはただ見る ~ クリシュナムルティが言うように ~ ちゅうい・深く、

つまり何の敵意も恐怖もなく、大きな愛情と思いやりの目で、あるがままの自分を見ることだ

それによってあなたの周りにつどうひとたちが変容する

[PR]

# by yogabeaware | 2012-07-19 14:01 | ヨガ的な生き方

注意深さと愛情と思いやり

以前、投稿した 注意深さへの気づき ・・・ ヨガをやるようになって私は初めて実感した。
互いの不注意さにより私たちはどれだけ傷つけ合っているかを。

注意深くあるということは気づいている、ということである。
対象を意識することである。
対象のあるがままを見、それをそのまま理解しようということである。

それができれば、私たちの関係は変わり(それがひととひとでも、ひとと自然でも)
それによってごくしぜんにこの、私たちが生きている世界が変わるのではないか。。。

e0200565_13184752.jpg


( クリシュナムルティ と A.W.アンダーソン教授との対話 )  ( 生の全変容 196p )

K  サルについては、こんな話があります。
  
   あるとき、ベナレスのいつも滞在する場所で私がヨーガをしていたとき、黒い、尾の長い一匹の大猿がやってきて、ベランダに坐りました。私は目を閉じてヨーガをしていたのですが、目を開けるとその大猿が見えたのです。サルは私を見、私もサルを見ました。大きなサルで、とても力強い感じでした。やがてそれは手を伸ばしたのです。そこで私は近づいていってその手を握りました。

A  握手したのですね。

K  ざらざらしていましたが、しかしとても柔らかでした。実に柔らかだったのです。そして私たちはお互い見つめました。それは部屋の中に入りたがりました。で、私は、いまはヨーガをしているところだから、別の日に来てくれないかと言いました。そんなつもりで話しかけたのです。するとそれは別の日にやって来ました。彼が私を見たので、私は引き下がりました。すると彼は入ってきて、二、三分そこにいましたが、それからおもむろに出ていきました。

A  すばらしい、実にすばらしい。 お二人の間に完全な注意の行為があったわけですね。

K  何の恐怖感もありませんでした。それは恐れていませんでしたし、私も恐れていませんでした。   
よくわからないのですが、何らかのコミュニケーションがあったに違いありません、親しみがあったに違いありません。何の敵意も、恐怖もない状態。そんな状態で見つめたのです。
思うに、注意は練習して習得すべきものではないのです。学校に行って注意深くなるよう養成すべきものではないのです。・・・

・・・

K  ですから私は、注意深くあることには、大きな愛情と思いやりの気持ちがあると感ずるのです。
   それはつまり入念に見守ることを意味します。入念、ディリジェントという言葉は「レジャリ」、つまり、「読む」 ことから来ているのです。ものごとをあるがままに読むのです。解釈せず、翻訳せず、それをどうにかしようと企てずに、目の前にあるものをそのまま読み取るのです。
   
   見るべきことは無限にあります。快楽の中には、見るべきものが実にたくさんあるのです。で、それを読 むには注意深く見守り、丹念に注意を働かせねばなりません。が、私たちはそうしません。私たちは実にいい加減で、不注意なのです。快楽のどこが悪いのだと言って開き直るのです。
[PR]

# by yogabeaware | 2012-07-19 11:27 | ヨガ的な生き方

ほんとうの知識

e0200565_1712630.jpg
ほんとうの知識は「無努力」とともに起こってくる。

これをヨガのポーズから学んだ。

本や先生の言う通りにポーズをとっていく先には自分の血肉となるほんとうの知識はなかった。

カラダを  無努力のまま  時間をかけて  放っておいて  そしてとれていく  ポーズのほうが

結果、ポーズの完成形に近くなっていった  カタチも  本質も

e0200565_1715359.jpg

無努力でカラダに任せていった先にあったのは

そのポーズが伝えたいことはコレだ!という感覚

それは自分で掘り当てた知識

身についた体験

疑いなきもの

e0200565_1710206.jpg

もし教科書だけ頼りにしているとき、権威ある先生が書いた別の本が違うことを言っていたら、、、
どうするだろう?
きっとその答えを別の本にたずね、別の先生に質問し、別のヨガ教室に行って・・・
「永遠のぐるぐる」を繰り返す。
それはヨガでも、日常でも、学校でも、職場でも・・・起こる。 それを「消耗」と言うんじゃない?

無努力で行うアーサナは、ポーズをとっている最中から私にジワジワとすてきな気づきをもたらしていった。
「気持ちいい」から始まったけれど、それ以上のもの~
~今までいかに不必要な努力を重ねてきたかとか、
それはひとりよがりだったんだ!とか、
自分で自身を束縛してきたようなものだったねぇ、とか、
この「努力」がカラダの歪みを生んでいるんだなとか、
努力を忘れて受け身でいるとき私のエネルギーはこんなに喜ぶのか!とか、
ああそれが「生(せい)」「生きること」なのだとか、そこには時間も空間もないんだなぁ~とか、・・・・・

それらの気づきを経て
信頼する本にあたり、先を歩む先達の話を見聞きしたら、自分と同じようなことを体験してた。
次に自らの肉体を調べてみたら、やけに元気になってた。
次にエネルギーを感じて見たら、快活に軽やかになってた。
すべてが「明るい」ほうに変化してた。

闇から光へ

混沌から快活へ

もうろうから明快へ


↑それが、ほんとうの知識だって裏付けだ。

それも自分の力で掘り当てたから意味がある。
しかもひとりよがりではない。
思いこみでも思いこませでもない。
ほんとうの、永遠の、自らの血となり肉となる知識。
それこそが自分のゆるぎない基盤となるのです。
[PR]

# by yogabeaware | 2012-07-15 17:35 | ヨガクラスの内容